フリーで働く人へ

活躍するにはいくつかのポイントがあります

生涯フリーランスとして

フリーランスとして生計を立てるためには、企業から仕事を請け負う必要があります。この時、直接企業と契約を結ぶことを業務委託と呼びます。契約を結ぶ際、企業との間に入って紹介を行ってくれた業者がある場合は、その業者に仲介手数料を支払わなければなりません。この手数料は、業者によって大きく異なります。そのため、仲介業者を利用する時は、手数料の条件を最初に確認しておくことが大切です。
フリーランスとして働くのであれば、業務委託で契約を結び、いつまで働くことができるのでしょうか。企業勤めで働く人には、定年が存在しています。しかし、フリーランスとして働く人には、定年がありません。怪我や病気などをせずに健康で、仕事を続けたいというやる気と技術さえあれば、何歳になってもフリーランスとして働くことが可能です。ただし、特にフリーランスエンジニアとして働く場合、技術の進歩にも常に気を付ける必要があります。最新の技術に対応していなければ、どれだけの実績があったとしても仕事がなくなってしまう可能性もあるのです。フリーランスは生涯現役で働くことが可能な生き方である一方で、最新の技術や情報などの生涯学習が必要な働き方でもあります。
フリーランスは企業勤めと異なり、厚生年金が存在しません。そのようなことから、自身の年金に頼って老後の生活をするのは難しくなるでしょう。年金がもらえないからこそ、生涯現役を続けるフリーランスの方もいることを踏まえて、どのような働き方をするのか考えていくことも大切です。◇◇◇関連リンク:業務委託で独立開業しよう!◇◇◇


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー